2006年06月13日

ラクレット -レシピ|スイス料理

buta_racret.jpg

スイスの代表的なチーズ料理

料理といっていいのかもわからないほど(笑)、とっても簡単なスイス料理。

「アルプスの少女ハイジ」にもラクレットを食べるシーンが出てくるんですって。チーズフォンデュと並ぶ、スイスの代表的なチーズ料理といえそうですね。

ラクレット・レシピ Raclette

【材料】
じゃがいも(あれば、新じゃががよい)、(あれば)ラクレットチーズ、ピクルス、コショウ

【作り方】
1.じゃがいもをやわらかくなるまでゆでる。

2.フライパンやオーブントースター、湯せんなどで切ったチーズを溶かす(本来は、専用のオーブンでチーズを塊のまま、火にかざして溶かす)。

3.2のチーズを1のじゃがいも(皮付きのまま。大きなものは食べやすい大きさに切る)にかけて、好みでコショウをかけ、(あれば)ピクルスを飾ってできあがり。

------------------------------------------------------------------

ラクレットには"削る"という意味があるそうです。スイスでは、大きな塊のラクレットチーズを半分に切断し、ラクレットオーブンで溶かして、内側からチーズをナイフでこそぎながら、ゆでたじゃがいもにかけて食べます。

私は今回は、同じスイスのグリュイエールチーズで試して、おいしいなと思ったのですが、「ラクレットは、ラクレットチーズで食べなきゃね」とは、日仏学院で知り合ったスイス人のある男性。チーズの国スイスには、日本人が思っている以上に、チーズに思い入れがあるようです。

というわけで、ラクレットの調理は簡単だけれど、チーズにはぜひこだわってみてくださいね。辛口の白ワイン(できればスイス産ワイン!)がよく合います。




profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでの料理人、料理講師として活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)

※記事の文章・写真の著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

» 魅惑の味(ラクレット) from 卵を割らずにオムレツは作れない
今週末はなにやら忙しかった・・・ 遊びに・・・ 7/7 七夕 エビス駅前食堂(名前しらんかった) 看板娘...

トラックバック時刻: 2006年07月10日 22:59


この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内