2006年05月14日

韓国ローカルフード&フレンチ・ビストロ@ワールドカップ料理会・リポート

korealunch.jpg

ワールドカップ料理会Vol. 9は、韓国料理。日本一のコリアンタウン・新宿・大久保界隈で、地元在住の韓国通であり、サイト「ナグネな気分」の運営者ご推薦の、韓国の珍しいローカルフードを体験する会を開催しました。

食事の後は、エネルギッシュで、おもしろスポットがてんこ盛りの大久保界隈にある、韓国をはじめ、タイ、ミャンマー、バングラディシュ、南インドなどいろいろな国のディープな食材店を、地元在住の方の案内でツアーし、大久保や韓国料理についてのとっておきの裏話や、貴重な体験をうかがいました。

そして、夜は、ガラリと雰囲気を変えてパリにトリップ。パリ風ビストロで、おしゃれにディナーをいただきました。

韓国南西部の全羅道(チョルラド)は、韓国人も絶賛するキムチの特産地であるほか、韓国一の穀倉地帯で、この国随一のグルメエリアといわれています(石焼ビビンパの発祥地である全州も全羅道にあります)。

会場になった「コリア・スンデ家(コルモクスンデ家)」さんのご主人は、まさにその全羅道のご出身。だから、お代わり自由の各種自家製キムチはもちろん、毎朝新鮮なものを手作りしているという、日本ではここでしか食べられない自家製のスンデ(韓国式ソーセージ)、おなじみのチヂミ春雨炒め豚足料理など、すべてが実においしかったです。まさに韓国料理の極めつけ、という感じでした。

「コリア・スンデ家」リポート



profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内