2006年05月18日

ワインオーストラリア・テイスティングス 2006

austwine_kanban.jpg

オーストラリア・ワインの試飲会

先日、白金のラディソン都ホテル東京で開催された「ワインオーストラリア・テイスティングス 2006」に出かけてきました。

オーストラリア政府観光局や、オーストラリア貿易促進庁、カンタス航空などが協賛する毎年恒例のこの催しは、オーストラリアワインの歴史や多様性などをうたい、ファンを増やすための、一種のプロモーション。入場料2000円で、多数のインポーターが用意した、軽く100種以上はある数々のワインをテイスティングでき、さらにブッフェの食事もいただける、なかなか太っ腹なイベントです。

オーストラリアを代表するぶどう品種といえば、赤では、スパイシーなテイストが含まれるといわれるシラー(シラーズ)。ワイン造りに適した温暖な気候を求めて、オーストラリア南部には、ヨーロッパ資本による多数のワイナリーが参入し、現在、さまざまなぶどう品種によるワインが造られています。でも、およそ20種のワインを飲み比べた限りでは、「やっぱり、シラーが一番いいね」。これが、同行したワイン好きの友人と一致した意見でした。

austwine_wine.jpg
austwine_cheese.jpg

各インポーターのブースには、テイスティング用のワインがズラリ。中には1本1万円を越すワインも。でも、値段じゃないんだなぁと思うこともしばしば。左写真は、コストパフォーマンスがいいと見た、2000円台のおいしいシラー(先の1万円のワインと比べても遜色なかった)。自分で購入するときは、こんなワインを選びたいもの。

会場では、ブッフェのほか、ローストビーフや、オーストラリア産チーズの試食も(右写真)。う?ん、至福のひととき♪

--------------------------------------------------------------

オーストラリアをはじめ、新大陸のワインって、けっこう好きです。ワインそのものが好きな方は、おそらくフランスなどヨーロッパを目指すのでしょうが、私の場合、ワインを食事に合わせるのが最優先なので、まずはコストパフォーマンスで選んでしまうんです。

それに、いろいろな国のワインっておもしろいですし、ね。ニュージーランド、チリ、アルゼンチン、南アフリカ...。国名を聞いただけでワクワクしちゃう。

また、モロッコなど北アフリカのワインなどには、ワインそのものを飲むとマズいのに(笑)、その国の料理と一緒にいただくと、なぜかおいしくなってしまうものも。そんな不思議なマジックがあったりするのが、ワインの奥深い魅力だなぁ、なんて思っています。



profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

» 都ホテルのリンク集 from 都ホテル研究
都ホテルのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。

トラックバック時刻: 2007年07月25日 22:39


この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内