2006年04月27日

【閉店】パルテノン|ギリシャ料理|横浜

parthenon_musaka.jpg

脂っこくないギリシャの家庭料理

※閉店しました。

【本牧・山手】横浜の本牧通り沿いにあるギリシャ家庭料理の店「パルテノン」が、創業3周年を迎えました。

港町・横浜にはギリシャ料理レストランがいくつかありますが、たっぷりしたボリュームと、値段の手ごろさでは、こちらがピカ一ではないかと。それに、ヨーロッパ文化都市に制定されたギリシャ第3の都市パトラス地方の家庭の味をもとにしたという、ギリシャにしては脂っこくないお料理は、日本人の口にもよく合います。

特に"ムサカ"1100円(上写真)は、ギリシャ人も"故郷のママの味"と太鼓判を押す、「パルテノン」の名物料理。シンプルなスパイスで食べやすいムサカは、毎日、毎日、手間をかけて作っている逸品です。

parthenon_fish.jpg
parthenon_shop.jpg

特別料理のお魚のグリルと、「パルテノン」の店舗。白とブルーの美しい看板は、本牧通りでもひときわ目立つ。店内はこじんまりとしていて、居心地もグッド。


「ギリシャのお料理やお酒をいただきながら、ギリシャの魅力を楽しんでいただきたい」と語る店長の北村ザナイさんは、おいしい料理をお客さんに提供するために、日々、工夫を重ねる努力家。品質の優れたギリシャ産のオリーブオイルを使っているのはもちろん、料理の値段が安いからといって、食材に手を抜いていません。

そんな良心的な食事を求めて、そして、彼女の明るく温かい人柄を慕って、駅から離れた不便な場所にありながら、日本人、ギリシャ人、その他の外国人を問わず、たくさんの常連さんがお店に出入りしているようです。

まさに、女手ひとつの細腕繁盛記、ですね。今後のさらなるお店の発展をお祈りしています!


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内