2006年04月10日

パラチンタ -レシピ|クロアチアのお菓子

dessert_parachinta.jpg

クレープ風の東欧のデザート

パラチンカ(パラチンタ)は、クロアチアをはじめ、ハンガリーなど東欧諸国でポピュラーなクレープ風のお菓子。

ここでは、クロアチア・スタイルで、「一番おいしい」(クロアチア料理研究家のリリアナ・パヴィシックとゴルダナ・パーカー・モッシャー)という、くるみとチョコレートのパラチンカのレシピをご紹介します。

くるみとチョコレートのパラチンカ Palacinka (クロアチア)

【材料】 (6人分)
クレープ
薄力粉1カップ、ベーキングパウダー小さじ1/2、粉砂糖大さじ2、塩小さじ1*、たまご2個、牛乳1カップ、バター大さじ1(溶かしたもの)、バニラエッセンス少々、油

飾り
板チョコレート1枚(ペースト状のものでもよい)、生クリーム大さじ2、ラム酒小さじ2
トッピング
くるみ(塩なし)3/4カップ、粉砂糖大さじ2、生クリーム(好みで)

【作り方】
クレープ
1.小麦粉とベーキングパウダー、粉砂糖、塩をボウルに入れ、ふるいにかける。

2.1にたまごと牛乳、溶かしたバター、バニラエッセンスを加え、よくかき混ぜて、たねを作る。

3.フライパンをあらかじめ熱し、油少々を敷く。

4.2の1/4を3に注ぎ、フライパンを傾けながらクレープ状に薄く伸ばす。

5.4の表面がきつね色になったら、フライがえしを使って裏面にひっくり返して、焼く。残りのたねも同じように焼いていく。

飾り
1.チョコレートをなべに入れ、クリームとラム酒を加えて弱火でかき混ぜる。よく混ざり合ったら火を止める。
2.クレープの左半分に1をふりかけ、半分に折りたたみ、さらに半分に折りたたむ。
3.2をお皿に盛り、くるみを飾って、さらに粉砂糖をふり、好みでホイップクリームをを飾って出来上がり。

※メモ
* 塩の分量は、クロアチアのレシピでは小さじ2杯なのですが、かなりしょっぱくなります。京橋にあるクロアチア料理レストラン「ドブロ」で出されるパラチンカは、かなり塩分を控えめにしていました。そのため、一般の日本人の方にも食べやすいよう、ここでも塩の分量を減らしています。現地スタイルに作りたい方は、塩の分量を多めにしてみてください。

------------------------------------------------------------

「ワールドカップ料理会」では、このパラチンカを、7歳の女の子が上手に作っていました。そう、どなたでも気軽&簡単に作れちゃうお菓子なんですよ。試してみてくださいね。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

めっちゃ分かりやすい文でした♪
学校で作るのでこういうのがあったら有難いです★

  • さっちゃん
  • 2009年02月17日 18:12

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内