2006年04月03日

世界のデザート@ワールドカップ料理会・リポート

wccp_dessert.gif

世界4カ国のデザート&ドリンク

ワールドカップ料理会の関連イベントとして、4月2日(日)に、オーストラリア、クロアチア、イングランド、サウジアラビアのお菓子を作って味わう会を、三軒茶屋キャロットタワーで開催しました。

当日のメニューは以下の通りでした。

デザート
パブロワ (オーストラリア) →レシピ
くるみとチョコレートのパラチンカ (クロアチア) →レシピ
りんごのプディング (イングランド) →レシピ
ラフーベルロアズ (サウジアラビア)

※おまけ(差し入れ): 「岡埜栄泉総本舗」(日本サッカー協会名誉会長・岡野俊一郎氏の実家である老舗和菓子店)謹製・サッカーボール型の練りきり和菓子"ファンタジスタ"

ドリンク
クロアチアの白ワイン(シャルドネ・ダルヴァール)* 
「イギリス東インド会社」のアッサム茶**
アラビアコーヒー(モカ・マタリ)***
ドメーヌシャンドン・オーストラリアのスパークリングワイン****

※おまけ: 旧ユーゴスラビアのマケドニアとスロヴェニアのハーブティー

dessert_pavlova.jpg
dessert_parachinta.jpg

"パブロワ"(オーストラリア?"パブロフ"といい間違える人多数(笑)と、"くるみとチョコレートのパラチンカ"(クロアチア)

dessert_england.jpg
desser_lafu.jpg

"りんごのプディング"(イングランド)と、"ラフーベルロアズ"(サウジアラビア)

--------------------------------------------------------------

デザート特集だけに、今回は女性(7歳の女の子も!)の参加が多かったですね。甘?い香りの漂う中で、各国のお菓子作りの名人・藤野さんのアドバイスのもと、世界4カ国のお菓子を作って、大いに楽しみました。

各国出身の方のレシピを用意したので、日本人向けにアレンジすると味が変わりそう...というものもありましたが、あえて現地流に。また出来上がり写真のないレシピがあって不安もありましたが、何とか本場っぽく完成しました。ホッ。

参加者のみなさん、いろいろとお疲れ様でした!

ballwagashi.jpg
dessert_drink.jpg

「岡埜栄泉総本舗」の"ファンタジスタ"と、クロアチアワイン&イギリス紅茶史のランドマーク的存在"東インド会社のアッサム茶"。

------------------------------------------------------------------
ドリンクの解説

*=アドリア海をはさんだイタリアの向こう側にある、旧ユーゴスラビアの一部だったクロアチア。もともと温暖な気候に恵まれ、古くからワイン造りが盛んだったため、ユーゴ解体後は、海外輸出向けのワインを製造するようになった。

**=1600年にクイーンエリザベスI世の勅命で創設され、世界史にも登場するイギリス東インド会社のアッサム茶は、東インド会社の軍人ロバート・ブルースが、1823年にインドの奥地アッサム地方で茶の木を発見して、栽培をはじめ、インドに一大プランテーションを築いて莫大な富を得た、いわくつきの一品。今も、当時と同じブレンドで販売されている。つまり、この東インド会社のアッサム茶こそ、イギリスを世界に名だたる紅茶大国にしたきっかけだったわけ。

※その後、東インド会社の紅茶は、アメリカ独立のきっかけになった"ボストン茶会事件(Boston Tea Party)"の時にも登場しますね。

***=アラビア半島の南西部(現イエメン)にある、16-17世紀にコーヒーの出荷港で有名だった街・モカから名づけられたコーヒー豆。かつて栄華を誇ったモカも、現在では当時のコーヒー商館などの廃墟が立ち並ぶ、人口わずか1000人程度の街になってしまったという。今回のイエメン産モカ・マタリは、生豆をその場で焙煎し、挽いてくれる「麻布珈房」で購入。

****=シャンパンのドンペリニョンで有名な、フランスの"モエ・エ・シャンドン"のオーストラリア支社で製造されたスパークリングワイン。メルボルン近郊のワインの特産地ヤラ・ヴァレーのグリーンポイントで作られており、地名がそのまま名称に。フランスと同じ技術なのに価格が手ごろで、コストパフォーマンスはなかなかのもの。ぶどうは、シャルドネ60%、ピノ・ノワール40%。

※ちなみに、このワイナリーは、メルボルンから出発するワイナリーツアーに参加すると、訪れることができます。
------------------------------------------------------------------



profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

とてもおいしそうなスイーツでした!!!
ぜひつくってみたいです!!!

  • in333
  • 2010年01月19日 11:40

いろいろ、美味しそうなデザートがいっぱいで、今食べたいきぶんになってきました。まだまだいろんなデザートをのせてください。

  • さき
  • 2009年01月22日 09:08

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内