2006年03月20日

フランコフォニー・フェスティバル

mali2.jpg

フランス語圏の人々のお祭り

【飯田橋】3月20日は、フランス政府が制定した「フランコフォニーの日」。世界5大陸にある52ヶ国のフランス語を話す国の人々が、その多彩な魅力をアピールし、世界中の人々と交流を深めるのが主たる目的なのだそうです。

東京では、18日に飯田橋の日仏学院で、今年で3回目のフランコフォニーのお祭りが行われました。フランス本国はもちろん、スイスやルクセンブルク、カナダ(ケベック)、アフリカ諸国などがお国自慢の料理を提供したり、物品を販売したり、ミニコンサートを開催。フランス語のできない人でも、すぐに溶け込めるようななごやかな雰囲気で、私もしばし楽しくすごさせていただきました。

franco_mali.jpg
franco_mauri.jpg

左写真は、マリ風炊き込みご飯。右写真は、珍しいモーリタニアの小麦粉の生地をロールしたお菓子。各ブースではビデオを流したり、パンフレットを配ったり、国のアピールに力を入れていました。

franco_quebec.jpg
franco_swiss2.jpg

左写真はカナダ・ケベックの豚肉のメープルシロップ入りスープ(豚汁のような、素朴な料理)。右写真はスイスのラクレット。赤白のスイスワインも振舞われました。長い長い行列のできていた、大変な人気でした。

----------------------------------------------------------------------

16時に開場して、入場料1000円(当日1500円)を支払うと、18時までは、大使館や友好団体によるブースの料理がどこでも食べ放題。スイスのラクレットや、ケベックのメープルシロップを使った料理、またマリ、ブルキナファソ、マダガスカル、モーリタニア、コートジボワールなど、アフリカ諸国の珍しい料理やドリンクを、いろいろいただくことができます(これは、なかなかいいアイデア)。

当日は、真夜中過ぎまで、フランス語でつながったさまざまな国の人々が、大いに語り合い、楽しんでいた様子。英語圏だけが世界じゃない。当たり前なことですが、つい忘れがちな世界の広さを改めて気づかせてくれるイベントでした。

しかし、フランス関係のイベントって、さすが、食べものに気合が入っているし、おいしいんですよね?(笑)。今後は、まさにフランス料理の祭典で、フランス食品振興会の提唱する「アペリティフの日」のイベントが、6月に行われますよ。



profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内