2006年03月26日

コートジボワール料理@ワールドカップ料理会・リポート

cote_pamph.jpg

珍しいけれど、親しみある料理

ワールドカップ料理会・第2弾として、欧州カップ戦でも大活躍した名ストライカー、ディディエ・ドログバの母国・コートジボワールの料理を楽しむ会を、3月25日(土)に、浜松町の西アフリカ料理レストラン「カラバッシュ」で開催しました。

「カラバッシュ」は、通常はコートジボワールのほか、マリ、セネガル、ナイジェリアの料理のメニューを出しているお店なのですが、この日はワールドカップ料理会のために、コートジボワールの特別料理や、珍しいコートジボワール産のやしの実ジュースなどを出していただきました(お店の方に感謝です!)。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内