2006年01月22日

(閉店)大蒙古|モンゴル料理|亀戸

daimouko_hitsuji2.jpg

在日モンゴル人も集う本格派

※閉店しました。

【江東区亀戸】モンゴルの暦では、今日、1月22日が新年。その上2006年は、モンゴルでは、1206年のチンギス・ハーンの即位からちょうど建国800周年(!)の記念年に当たるのだそうです。

日本でも記念のイベントが、これからいろいろと行なわれるようですね。

で、くしくも同じ日に行われた大相撲初場所の千秋楽では、モンゴル出身の朝青龍は残念ながら勝利を飾れませんでしたが、私は、その会場・両国国技館から2駅先の亀戸駅前に、昨年10月10日にオープンしたモンゴル料理店「大蒙古」で行われた、羊まるごと一匹をいただくパーティーに参加させてもらい、モンゴルの新年を祝ってきました。

上の写真は、羊の脚の部分。草原ではないので、さすがに築地のマグロ解体ショーのように、ワイルドな羊のぶった切りが見られるわけではなく(笑)、塩味の羊のローストが、3つの塊に分かれて上品に出されます。それでも迫力はなかなかのもの。お店の方が、びっくりするような手際のよさで、瞬く間に切り分けてくださいました(モンゴル男子たるもの、いかに羊を上手にさばけるかが身上なんですって)。

daimouko_hitsuji.jpg
daimouko_hituji3.jpg

今日は特別な日なので、羊肉の一片を神様に捧げる、ちょっとした儀式も。そして"セイシーニールボッ"(おめでとう!)と、みんなでモンゴル新年のお祝いの言葉を贈りました。

daimouko_bouze.jpg
daimouko_ageghyoza.jpg

ボウズと、ホーショール

daimouko_udon.jpg
daimouko_sake.jpg

ワンタンの皮のようなモンゴルうどんと、内蒙古の牛乳酒2種。

-------------------------------------------------------------

前菜の野菜料理(おそらく中国の内蒙古の習慣。外蒙古=モンゴル国では、ひたすら羊料理)2、3点以外は、ボーズ(水餃子)も、ホーショール(揚げ餃子)も、羊のローストのあとに出される、こちらの名物の羊の"行宮(あんぐう)焼き=ホルホグ"も、締めのモンゴルうどんも、すべて羊肉を使った料理。う?ん、モンゴル。

さらに、私たちが使わせていただいた2階の宴会場は、ゲル(モンゴルの草原の伝統家屋である、円筒形テント)風になっていて、モンゴルで宴に参加している気分になれるスペースでした。傍らにどっさり用意された、美しいモンゴル民族衣装を着るのは自由。モンゴル人になった気分でコスプレしながら(笑)、記念撮影を楽しむこともできるんですよ。

ちなみに、こちら「大蒙古」は、池袋のモンゴル料理店「故郷(ノタガ)」のオーナーの息子さんがマネージメントされている系列店。メニューはほとんど同じですが、亀戸店はスペースが広いこともあって、羊一匹まるごと料理や、ゲル、民族衣装を独自に導入しているのだそうです。

daimouko_costume.jpg
daimouko_shop.jpg

またうれしいことに、こちらでは、10人以上の団体になると、お店のスタッフが、モンゴルのお酒の回し飲みのアトラクションで、"マナイードゥ・イラェーラェー"(=うちにいらっしゃい)という歌を歌いながら、お客さんをもてなしてくださいます。これも楽しい!

ちなみに羊一匹まるごと料理は、30-35名から予約を受けてくださるとのこと。ビールのほか、モンゴル特産の牛乳酒などの飲み放題付き1人5600円で、十分にお腹いっぱいになりました。これほど大勢でなくても、ある程度の人数をそろえて出かけた方が、より楽しめるお店といえそうです。

両国国技館に近い立地に店を出したのは、モンゴル人力士をはじめ、在日モンゴル人のお客さんの集う場所としての役割も考えたよう(朝青龍にも会えるかも)。だからもちろん、料理は、優しいおふくろの味である池袋のお店と同様、モンゴル人が満足できる本格派です。

大蒙古
江東区亀戸6-60-1
http://www.gmongol.com
http://e-food.jp/cgi-bin/restfind/view1.cgi?no=1133717452

■営業時間:17:00-24:00
■定休日:第1月


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

» 【モンゴル料理・シリンゴル】巣鴨でいただく素朴で滋味深い羊料理 from 佃の旦那
会社が文京区春日にあるためその周辺で食事をする機会が増えた。 今夜は巣鴨から徒歩

トラックバック時刻: 2006年10月17日 10:22


この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内