2005年11月06日

プンジャビ・サモサ

punjabi.jpg

インド製の冷凍サモサ

「プンジャピ・サモサ」という、インドのムンバイにあるUttam社製の冷凍サモサを、輸入食材を扱うスーパーで見つけ、早速、買って調理してみました。

調理といっても、4分くらい油で揚げるだけなんですが...。日本語の商品名表記に泣けました(笑)。

パッケージに書いてある材料は、じゃがいも、グリーンピース、サンフラワーオイル、しょうが、クミン、コリアンダー、レッドチリ、クローブ、ベイリーフ、カルダモン、フェンネル、アサフォエティダ、パプリカ、ターメリック、アジワン、グリーンチリ、小麦粉、塩。

さすが、スパイスが豊富に使われていますね。保存料不使用の100%自然食材で、ベジタリアン食品のマークがついていました。

punjabi2.jpg

味の方も、さすがに本場っぽくスパイスが効いていて、おいしかったですよ。スパイシーなおかずがちょっとほしいとき用に買い置きしておくと、便利そうです。

ただ、サモサは小ぶりで、1パック12個入り840円也と、ちょっと高いかな。輸入元から直接、購入すると540円なのですが、残念ながら、1個売りだと送料が高くなってしまうみたいです。

http://www.khajanchiindia.com

同じシリーズでほかに、ムングダール・カチョリ(豆のだんごフライ)やパラータ(フライパンで焼く薄いパン)、スプリングロール(これもインド料理?)なども売られていました。

在日IT系インド人技術者が増えた恩恵でしょうか。冷蔵技術の問題から、肉料理の輸入品にはまだちょっと不安がありますが、インド直輸入の味が冷凍品になって、私たちも気軽に家庭で楽しめるようになったんだなぁと、ちょっと感動しました。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内