2005年11月17日

「東京で味わう美味しい郷土料理87軒」

kyodo.jpg

郷土料理店のガイドブック

服部栄養専門学校の服部幸應氏の顔写真が帯紙に使われていたので、てっきり服部センセーが書かれた本かと思っていたら、そうではありませんでした(笑)。「ギャップジャパン」という出版社の編集による、東京の郷土料理店のガイドブックです。

と、それはともかく、郷土料理の延長が各国料理だと思っている私には、興味のあるコンセプト。本には、料理名とともに、日本の地域別にお店が紹介されています。

郷土料理店の情報って、なかなか集めにくいんですよね。ですので、こういうガイドブックの登場に、私は「待ってました!」という思いが。"ばばちゃん鍋"など、聞いたこともない料理の名前にワクワクしながら、本を手にしました。

ただ、"食育"という言葉が飛び出しているせいかどうか、教本的というか、カタログ的な切り口なため、好きな人は手にするだろうけど、世間一般への郷土料理の啓蒙にまでは、残念ながら達していないような。

そして、アイヌ料理店の「レラチセ」が抜けていたり、関東地方は東京の料理だけ、というのはちょっとさみしい(九十九里のいわし料理を食べさせる店なども、東京にあったと思うのですが...)。

せっかく一所懸命作った形跡が見られるのに、あと一歩でもったいないなぁ、という印象でした。

服部幸應さんクラスの魅力的な船頭がいれば、また変わっていたかもしれません。古くは梅宮辰夫、最近では松岡修造系の「くいしん坊!万歳」キャラの書き手が、出版界にもほしいところです。

ところで先日、島根県の松江で地元の店を訪れ、郷土料理の話になりました。松江といえば、宍道湖の魚介が有名ですが、最近は、うなぎも、しじみも、漁獲高が減少して値上がりが著しく、また、若い跡継ぎが少ないため、郷土料理お店が年々、減ってきているのだそうです。

郷土料理には、地方の農業や漁業の現状、もっと広範囲には環境問題がつきまとうものなのですね。そういったことをふまえながら、日本が誇る郷土料理を大切にしてくれるファンが、あらゆる世代に増えてくれるといいなぁと思います。

「東京で味わう美味しい郷土料理87軒」
ギャップジャパン編集部
1600円


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内