2005年07月01日

ウガンダのコーヒーで

コーヒー豆でウガンダの子供たちを支援

以下、朝日新聞の記事より。

コーヒー飲みアフリカ孤児支援 札幌の民間団体が豆販売http://www.asahi.com/life/update/0701/004.html

「アフリカ・ウガンダ特産のコーヒーを飲むことで、エイズで親を失った同国の子どもたちを救おうと、札幌市のボランティア団体「Peace」がコーヒー豆の販売に乗り出した。

ウガンダは親をエイズで失った孤児が200万人いるともいわれる。コーヒーは自然栽培で、こくのある味わいが売り物。日本での販売は1袋200グラムで700円。これで現地の農民の収入は100円ほどになるという」。

----------------------------------

アジアやアフリカ、中南米の貧困層を支援し、公正な社会を目指すフェアトレードという商品販売のシステムもありますが、小さなことでも人助けができるなら、進んで協力したいものですね。



profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内