2005年06月21日

クンメー2|タイ料理|新大久保

kunmei1.jpg

老舗タイ料理店の2号店

タイ料理ブーム前からあった、新大久保駅近くの老舗タイ料理レストランの2号店。1号店は移転して店舗が大きくなりましたが、こちらは、今も昔の一軒家のこじんまりとした面影を残しています。

クンメーは、今ではほとんどのタイ料理レストランにある"トムカーガイ"(チキンとココナツミルクのスープ)という料理が、日本であまり知られていなかった頃からメニューに出していました。その先駆性は今も受け継がれているようで、今も、他店でめったに見られない珍しいタイ料理がいくつかいただけます。

上の写真は、"ミエンカム"1100円。韓国料理に、サンチュという葉で具を包んで、手巻き寿司風に食べる料理がありますが、あんな感じの料理です。干しエビやココナッツ、ピーナッツ、赤たまねぎなどの具と、甘いソースをレタスに包んでいただきます。見た目がきれいですし、前菜におすすめです。

kunmei4.jpg

ココナッツの実をそのまま使ったジュース(左写真)もありました。600円。冷たくて、たっぷり入っていて、飲みごたえは抜群です。

また、デザートの"カノム・モーケン"(ココナッツと緑豆の甘いケーキ。下写真)500円。温かく、ほどよい甘さで、美味でした。「クンメー」のいいところは、料理もデザートも種類が充実している点です。そして一皿のボリュームが多いのも!

"トムカーガイ"も、"ムー・マナオ"(豚肉のレモンソースがけ)1000円もおいしかったなぁ...。ランチは680円からあるようです。お近くの方はぜひ!

kunmei3.jpg
ちなみに、2号店のスタッフは、全員タイ人でした。みなさんにこやかで、感じがいい。大久保駅南口のこのあたりは、古い建物が多くて、ひなびた感じがする一帯なのですが、体温を感じるんですよね。再開発業者にも、変な食い倒れグルメにも荒らされずに、ひっそりと長く続いていってほしいお店です。

クンメー2
新宿区百人町1-14-3 ローレイビル1F
Tel. 03-5389-6277
http://www.khunmae.jp/

*JR大久保駅南口より徒歩30秒・ JR新大久保駅より徒歩4分
■営業時間: 11:30-0:00
■年中無休

kunmei2.jpg


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

ロタさん、はじめまして!コメントありがとうございました。

タイ料理をはじめ、日本のレストラン料理はたいがい、高いですね。でも、食材も高いからしょうがないのかな。

先日、パクチーが必要で、近所の八百屋さんに買いに行ったら、1束500円ですって!(お盆で品薄だったからだそうですが...)。新鮮でおいしい野菜が安く買えるタイがうらやましいです。

  • yu
  • 2005年08月15日 14:18

バンコクからはじめまして!
トムカーガイおいしいですよね?。
でもやはり日本でのアジア料理は、
ちょっとは割高な感じですね。。。

  • ロタ
  • 2005年08月13日 23:57

トラックバックURL:

» アーバン URBAN @ナラティワート・バンコク from eatin' bangkok blog
珍しく会社のITマネージャーのKとご飯を食べに行くことになり、 車で連れて行ったもらったところは家のサートン通りからも近い、 ナラティワート通り沿いのローカ...

トラックバック時刻: 2005年08月13日 23:54

» 大久保 クンメー2 ゲンパー from Tommyのきままな日記
■大久保 クンメー2 ゲンパー 今日の夜食は、大久保のタイレストラン”クンメー2”の ゲンパー1200円です。 ※ライスは別料金 ■カレー、カレー...

トラックバック時刻: 2005年11月12日 17:08


この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内