2005年03月07日

ミュンヘン|ドイツ料理|池袋

ae3545e0.jpgflag_germany

パイプオルガンの生演奏が聴ける

今年は外務省の定めた「日本におけるドイツ年」。4月から本格的にスタートし、来年3月まで続くそうです。そこで、私たちなりのドイツ年もそろそろ始めようと、まずはドイツ料理の食べ歩きを計画中...。

池袋「ミュンヘン」は、ニュー・トーキヨーの経営するドイツ風ビアホール。写真は、お店の呼び物メニューのひとつ"カミカツ"(紙のようなカツだから?)。大きくて薄く平べったい、ちょっとスパイスのきいた、トンカツのようなミンチ肉の揚げ物です。ビールと相性が抜群なのは、さすが。

これは、ドイツ語圏でいう、いわゆる"シュニッツェル"。ウィーン風カツレツなんて呼ばれることもありますね。メニューにはほかに、"中華風チキンサラダ"や、ピザ、餃子なんて料理も。ドイツらしき料理といえば、ソーセージとジャーマンポテト、ハンバーグ(!)あたりでしょうか。

でも、あとでドイツ人の友人に聞いたら、"ジャーマンポテト"なんて料理はドイツにはないよ、だって。うーむ。

ビールの方も、ドイツビールだけではなく、エビス、サッポロ、ギネスなど世界各国のビールが並んでいました。

...と、料理の方は、思いきり"なんちゃって"ドイツ料理なのですが、素晴らしいと思ったのは、パイプオルガンやアコーディオンの生演奏が聴けること。パイプオルガンのあるレストランなんて、そうそうないと思います。今は多少ひなびていますが、開店当時に相当お金をかけたのではないでしょうか。

料理のメニューは、大衆向けにするなら、誰にでも受け入れられるようにというシバリが出てきますからね。それをカバーするため、ドイツの魅力を別なカタチで伝える方針から投資されたのなら、立派なことだと思います。

ステージでは、年配の日本人男性奏者ががんばっておりました。ドイツの音楽だけではなく、アルゼンチン・タンゴの"ラ・クンパルシータ"や、日本の歌が時々混ざるのは、まぁ、ご愛嬌ということで(笑)。

とにかく値段が手頃なので、一度くらいは入ってみようか、という気になります。気軽にワイワイとドイツっぽさが楽しめる、初心者向けのレストランです。

ミュンヘン
豊島区東池袋1-13-6 交通公社池袋ビルB1
Tel. 03-3983-4081
http://r.gnavi.co.jp/g806400/


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

» 気づいたら忘年会シーズンだ。。。 from Food & Time: おいしい時間を求めて
といっても、そういう話をする前に、やっぱり 続き物は片付けないと(笑) ビアホールというときに、どうしても記憶から 離れないお店が一軒あります。 ...

トラックバック時刻: 2005年12月02日 11:33


この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内