2004年08月19日

フォンベト|ベトナム料理|新宿

西新宿のベトナム料理レストラン。青パパイヤのサラダやバインセオ、フォー(ベトナム麺)などベトナム料理の定番をいただいてきました。

中国風の紫檀のインテリアに囲まれた高級感あふれる店内。料理のお値段は高めですが、ポーションも多めで、ベトナム人シェフによる料理の味は確かでした。ベトナムビールやベトナムワインのほか、ローズの香りのお酒などベトナムのドリンクも充実していて、ベトナムらしいごちそうを堪能できました。

私は、ベトナム料理店のクォリティの基準に、フォーの上に乗せるハーブの質量に注目することが多いのですが、こちらのお店はなかなかいいセンをいっていたと思います。新鮮な香菜(パクチー)や、バジル、春菊のような葉などが別のお皿に多めに用意されていました。具の牛肉は上品にカットされていましたが、本場っぽくブツ切りで食べられるとなおよかったかな...。もっと大衆的なベトナム料理店ができればいいのに、などと思ったりしました。

フォンベト
新宿区西新宿7-10-10 西村ビル2F
Tel.03-5337-8590
http://www.huongviet.jp/

私が初めてフォーを食べたのは、10年くらい前、サンフランシスコのベトナム人街にある"Vietnam
II"というお店でした。ベトナム移民向けのお店で、店内の雰囲気はまるでサイゴンに来たみたい(行ったことありませんが、たぶん)でしたが、当時はアメリカのベトナム料理ブームが始まったころで、地元のアメリカ人にも人気があるようでした。

野菜をたっぷり食べられるヘルシーなおいしさが受けたのだと思いますが、私もすっかりはまってしまいました。あちらではフォー(Pho)は、Beef Noodle Soupと呼ばれていて、てっきり牛肉入り麺のことをフォーと呼ぶのかと思っていたら、日本ではチキン入りの麺がベトナム料理店のメニューにあったりして、ちょっと驚きでした。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内